自己破産のメリットとデメリット

自己破産をすると借金をすべて帳消しにすることができますが、利用をする人はそれほど多くはありません。借金問題に困った人の多くは、任意整理で解決をしてしまいます。自己破産は返済困難な状況にあるか、もしくは返済困難になる可能性がある人でしか利用ができませんが、自己破産ができる条件を満たしていても、任意整理などを選ぶ人もたくさんいます。その理由は、デメリットがとても大きいからです。一番大きなデメリットは、ブラックリストにのってしまうことでしょう。5年~10年という長い期間金融機関の審査に通らなくなるので、人生に大きな影響が出てしまう可能性もあります。資産をすべて失うというデメリットもあるので、親から受け継いだ大切な土地などを持っている人は、他の方法を考える必要があります。

弁護士費用は高額になる?

自己破産を安易に選べない理由の1つが、弁護士費用にあります。法律事務所によって料金設定は異なりますが、25万円~40万円くらいが相場になっています。50万円程度の借金を自己破産しても、弁護士費用の分割払いが25万円~40万円程度残るので、デメリットのほうが大きくなるケースのほうが多いでしょう。100万円以上の借金がある人でないと、自己破産をすることにメリットはないという意見もあります。債務整理には任意整理、個人再生などの手続きもありますので、まずは無料相談を受けてみて、専門家にアドバイスをもらいながら考えてみるのが良いでしょう。

自己破産は後ろめたい手段だというイメージがありますが、国民に与えられた歴とした権利です。自力返済が不可能なほど多額の債務から解放されることで、人生をやり直すことができます。