専門学校を選ぶ場合のメリットとデメリット

専門学校の場合、ほぼ全日制のところばかりですので、しっかりと毎日技術を磨くことができます。養成所やスクールと違うところは、学校法人としての認可を受けているというところです。つまり、これは履歴書等に学校を卒業したということを書けるということを意味します。

さらに、養成所などとは違い、ほぼ同年代の人達が周りにいることが多いので、スタート時に妙に気後れを起こしたりすることがありません。

オーディションを受けられるチャンスが比較的多いのも特徴です。

デメリットとしては、授業料が非常に高いという点があります。自分に合わない学校を選んでしまって、お金をドブに捨てるようなことがないよう、オープンキャンパスなどを利用して、学校の雰囲気や教える先生のやる気なども見ておいたほうが無難と言えるでしょう。

養成所などとは違い、声優事務所に所属できる可能性が比較的低いのも現実としてあります。専門学校を卒業したあとで、養成所へ通い始めるということも多々あります。

養成所を選ぶ場合のメリットとデメリット

養成所が専門学校と違うところは、完全に実力主義である点が挙げられます。専門学校の場合は、未経験で基礎も何もわからない状態でスタートできますが、養成所の場合、基礎が大体出来ている人が多いので、初心者にはあまり向いていないとも言えます。ですので、基礎の基礎から学びたいのであれば、費用はかかりますが、専門学校へ行ってから、養成所に入所するという手もあります。

初心者に向いていないという点は、逆手に考えれば、周囲の意識が非常に高く、自分自身の向上心にも良い影響を与えてくれると言えます。それに加え、専門学校に比べれば、授業料が安いのも特徴です。

声優の専門学校の実績は、オーディションの対策の有無や講師の経歴などにより、大きなバラつきが出ることがあります。