相続税ってどういうものなの?

相続税は、その被相続人(お父さんやお母さん等の死亡してしまった人)から、その相続人(お父さんお母さん等が死亡してしまった事により財産を受け取ることになった人)が、金銭などの財産的価値のあるものを受け取った場合、その受け取った財産の価値が、一定の金額を超えた場合に、国が定めた法律に従って申告、納付をしなければならない法律を言います。簡単にいいますと、君はお父さんから相続によりかなりの金額を貰っているから、国に相続税を納付してください。ということです。

相続税の対策って何が出来るの?

相続税は、親族が死亡してしまったのを知った日から10か月を経過した日までに、相続税の申告と納付を終えなければなりません。納付については基本的に一括での納付しか認められておらず、納付するべき金額が用意できなかった場合などは、大変な状況に陥ってしまうため、前もった準備がかなり重要となっていきます。自分でもできる方法はあります。被相続人の財産を年間ごとに110万円、相続人に贈与することです。これは年間110万円までは贈与をしても、その贈与額に贈与税という税金が課せられることはないためです。被相続人の財産を毎年110万円まで贈与しておけばするほど、相続時に課税される財産が減少することになります。さらに相続時に支払うべき現金を確保することもできる、というわけです。

他にできることは何かあるの?

死亡保険を掛けておくと一定の金額までは、非課税資産(相続税の対象とならない財産)とすることが出来ます。この他にも相続税の減額をするための手段はありますが、その相続人ごとのケースにより状況は異なっていくため、出来るだけ早く税金のプロである税理士に相談をするのが一番であるといえるでしょう。

相続税の税理士に依頼をすることで、税務上の手続きを大幅に簡略化することができ、申告漏れのリスクに対処することもできます。