心理学の国家資格が誕生しました

心理学のお仕事はこれから人気が出てくると言われています。それは昨年、心理学の専門家としての国家資格化が決定したからです。現在よくテレビに出ている心理学の専門家は臨床心理士と言いますが、これは民間資格と呼ばれるものになります。今後は国家資格である公認心理師を取得する人が多くなってきます。公認心理師の第一号の誕生は2018年と、もうすぐになりました。そのため、今後は臨床心理士と公認心理師の受験資格が得られる大学や大学院を選択する必要がでてきます。

資格取得までのルートが変わる?

臨床心理士と公認心理師では受験資格の条件が違います。公認心理師の方が条件は厳しくなります。

臨床心理士では、主なルートとしては、4年生大学を卒業後、臨床心理学専攻の大学院に進むというものでした。そのため、大学では他の科を選択していた方が多く、中には看護師、医者、あるいは会社員などが、大学院に通って資格を取得していました。また、資格試験は大学院卒業後の秋に実施されるため、資格取得までの間資格を持たないまま病院で働いている心理士もいます。

一方公認心理師になるための主なルートは、大学と大学院の両方で臨床心理学を専攻するというものになりました。そのため、看護師や会社員などをしていて、公認心理師も取得したいと思ったら、大学からの6年間修学する必要があります。

大学と大学院に行かないと心理学の専門家になれない?

今までの話を聞くと、大学が他の学科であれば心理学の専門家にはなれないの?と疑問に思うかもしれません。

しかし臨床心理士の資格はこれからも取得することが可能であり、臨床心理士は公認心理師と同等の資格とされています。そのため、大学では他の学科にいたという方は、臨床心理士の取得を目指すと良いかもしれません。

心理学の大学を利用することにより、心理学の本格的な勉強をすることができます。そして、心理学をさらに深く研究していくことにもつながります。