株式投資の資金不足を解消できる

株式投資を行う際に資金が不足しているとそれが原因で投資の機会を失う事になります。信用取引は証拠金以上の金額の取引を一時的に資金を借りる形で行う事ができる制度です。そのため信用取引を利用する事で使える資金以上の取引が可能になります。上限は定められているものの信用取引を利用する事で資金不足で投資できなかった銘柄にまで必要な金額の投資ができるため投資機会を逃して利益が下がってしまう事を防止できます。

リスクマネジメントは大切

信用取引を利用する事で使える資金以上の取引ができますが、信用取引を利用する場合は証拠金以上の損失が出る可能性もあります。もし証拠金以上の損失が出た時はその損失を埋めるために追証金を投資した本人が支払わなくてはなりません。多くの証券会社がそのような事態にならないために損失額が証拠金と同じ額になったところで強制的に決済させるシステムを導入しています。しかしそのシステムがあれば絶対に追証が発生しない訳ではなく、急激な株価の暴落などが起きた時売り注文が間に合わずに結果的に決済が完了した時には証拠金以上の損失が出てしまう事もあるのです。そのため信用取引を使用する時は追証が発生する前に強制的に決済するシステムがあったとしても場合によっては追証が発生する事を理解しておく必要があります。追証が発生する前に決済できたとしても信用取引を使用する事は利益を損失もその分大きくなるという事なのでリスクマネジメントは重要です。

信用取引とは投資家が証券会社からお金や株を借りることで取引をすることです。少ない現金で投資が可能なメリットがある反面、損失の懸念もあることから大きな担保が必要となります。